主催:四谷一店逸品研究会 (click here!)

雑記帳(遺産分割)

相続財産を法定の割合ではなく(法定の割合は、例えば妻と子供2人なら、妻は2分の1、子供は各4分の1)、相続人達の合意した割合で分ける事を遺産分割といいます。遺産分割は相続人全員が集まって、相続財産の具体的な分け方を決めて、それを書類にして、全員で署名押印をします。通常は、実印を押して、印鑑証明書を添付します。

【遺産分割の方法】
分割の仕方には次の3種類があります。
1.現物分割
相続財産の現物を相続人の各々が貰う方法です。A地の土地は甲が、B地の家は乙が、というわけ方です。例えば、自宅は奥さんの生活の本拠地だから奥さんが貰い、独立した子供達には、軽井沢のリゾ−トマンションを長女が貰い、麹町の事務所マンションを長男が貰う、という具合です。
2.換価分割
相続財産を全部お金に換えてお金で分け合う方法です。例えば、相続人が既に独立した長女と長男だけで、相続財産が遠方の土地だけだったような場合、これを共有名義で相続しても利用することが難しい。それなら、いっそのこと、相続財産は換金して、長女・長男が半分ずつの割合で分けようという具合です。
3.代償分割
ある一人の相続人だけが全部を相続します。その代わりに、相続した人は、相続しなかった人に相続分の割合に値する代償金(物でも)を与える方法です。例えば、由緒ある家業を長男が次いだのですが、相続財産は家業の事業性財産だけだった場合に、分割や換金すると家業が廃業に追い込まれてしまうので、長男が全部を相続して家業を継続し、その代わりに、長男から長女に代償金として1億円と別の土地を与える、というような具合です。

【債務の遺産分割】
相続というと、なんとなく、プラス財産をもらう事。遺産分割というと、プラス財産を分け合う事のイメージが強いと思うのですが、借金のようなマイナス財産(以下、債務といいます)も相続財産になります。そこで、債務も遺産分割協議で、誰か一人が払うことにできるのでしょうか。もしも、債務も遺産分割協議(相続人だけの話し合い)で誰か一人に相続させられるとしたなら、最も資力のない相続人1人に全部の債務を押し付けてしまい、プラス財産は他の相続人で分け合うことができることになってしまいます。これを認めてしまうと、債権者の債権回収は事実上不可能になってしまいます。債権者にとっては、相続さえ発生しなければ、そのプラス財産から債権回収が図れたはずなのです。そこで、債務の相続には債権者の同意が必要だと説明がされています。
実務的には、先ず、債務は相続人全員で法定相続分の割合において相続されたものとして処理し、次に、債権者と相続人全員とで免責的債務引受契約を締結して特定人が債務を承継した形に持っていくことが多いようです。例えば、プラス財産が家業の業務用不動産だけで、長男が家業を継いだ場合、長女と次男は何も貰わない代わりに、事業用に借りた借金も長男だけが相続するということで分割協議が整ったとします。この場合には、債務は先ず3人に相続されて、次に債権者と3人が免責的債務引契約をして、それによって長男だけが債務者になります。何もプラス財産を承継しない長女と次男にとっては、自分達も債務者として名前がでてくるのが、チョット違和感があるかもしれませんね。

posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/11/06 18:02 | 東京 ☀ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳(遺言)

「ナニ!遺言だぁ?俺ぁ、まだピンピンしてんでぇ。縁起でもねぇ事言うんじゃねぇよ!」なんて、お叱りの声が聞こえてきそうですけど、すみません、そういう方も、半分だけで結構ですから・・片目だけで読んで下さい。
 人が亡くなると、相続が発生します。相続人と相続割合は民法に定められています。定められてはいますが、亡くなった後に、相続人は、相続人間で自由に相続財産を分け合う事ができます。これを遺産分割と言います。
「なんだよ、俺のもんを勝手に分けやがって、俺の気持ちはどうなんだよ。若けぇ頃に世話になった親方のお孫さんにも、少しはわけてやりてぇんだよ。」そうですね。そういう方こそ遺言を考えて戴きたいのです。呆けちゃったら遺言はできません。元気で判断もしっかりしているうちに、遺言で、財産処分の方法を決めておく事も、トラブルを残さない良い方法の一つだと言えます。遺言について予告編だけですが、サラッとお話しましょう。
【遺言の種類】
難しい事も話せるのですが(ホントかな?(笑))、能あるナントカはナンタラで・・・。今回は、普通に使う方式の@自筆証書遺言、A公正証書遺言についてお話します。ちなみに、「遺言」は「ゆいごん」または「いごん」と読みます。
両者の大きな違いは、@の場合は、全部自分で作成するので、他人に秘密にできる利点があるけれど、遺言書を開けてみたら法律上の要件不足で無効だったという危険性があります。それに比べて、Aの場合は、公証人が本人の希望を法律的に表現して作成してくれるので、無効になることは極めて少ないということです。その他、多くの違いはありますが、私の仕事的には、公正証書遺言を提出されると安心しますね。
【こんな方は遺言を考えてみたらどうでしょう 例】
1.相続人が1人もいない場合
   特別縁故者がいないと国庫に引き継がれてしまいます。
2.内縁の配偶者がいる場合
   内縁の配偶者には相続権がないので、相続制度では財産を遺せません。
3.亡長男の両親を同居して世話している亡長男の妻の場合
   両親が亡くなると、長男の嫁には相続されません。長男の嫁の住まい等生活基盤がなくなります。
4.子供がいない場合の夫婦で唯一の財産が現在住んでいる家だけの場合
   ご主人が亡くなると、妻とご主人の両親又は兄弟が共有者になってしまいます。
5.相続人の中に行方不明者がいる場合
   遺産分割協議ができなくなります。
6.家業を継いでくれる長男に事業用財産を相続させたい場合
   家業を継がない相続人が換金を主張すると、廃業になってしまいます。
7.先妻との間の子供が成人して独立した後に迎えた後妻がいる場合
   子供と後妻との間には面識がないことが多く、分割協議が成立しにくい。
8.別居中で事実上の離婚状態の配偶者がいる場合
   たとえ仲が悪くても法律上の配偶者であれば半分の相続権があります。
   (以上、「遺言執行の実務:遺言執行実務研究会編」を参照)
【閑話休題】
例えば、長年苦労をともにした奥様へ、感謝の気持ちで、今のうちから多めに遺す遺言書を作るとします。これを公正証書遺言で作ると、作成したその日に奥様に遺言書を見せる事ができるので、口下手のご主人でも気持ちが伝えられ、奥様も大喜び。その日の晩酌が1本増えること、期待できます。自筆証書遺言では奥様が喜ぶ時にはご主人は亡くなっているので晩酌はありません。
【遺言の撤回】
勿論、遺言書を書いた後に思い直すこともあります。その場合、遺言の撤回は自由です。何回でも撤回して何回でも書き換えることができます。但し、遺言の方式で行います。同じ方式でなくても、例えば、公正証書遺言だったのを自筆証書遺言で、またはその逆でも可能です。撤回せずに、書き換えた時に、前の遺言と内容が矛盾した場合には、後の遺言で前の遺言を撤回したとみなされます。但し、抵触しない部分は有効に残ります。

サラット、遺言について予告編をお話しました。本編はいずれ。
posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/10/29 19:34 | 東京 ☀ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳(担保権)

金融機関から借入をすると、金融機関は債権保全のために、債務者等の所有不動産に担保権の設定をします。多くは、抵当権か根抵当権です。
【担保権を設定するとどうなる?】
担保権を設定しても、登記簿にその旨が記載されますが、借主が予定通りに返済をしている限りは、特に何かあるわけではありません。但し、もしも返済が滞り支払が不能になると、債権者はその担保権を実行して、担保不動産を強制的に売却し(競売手続)、その売却代金から返済金を優先的に受ける事になります。場合によっては、他の債務者のために自分の不動産を担保に提供している場合もありますが、その場合であっても、債務者が返済しないと担保権が実行されてしまいます。最近の金融機関は担保権の設定をする最初に、その流れを説明をする事になっているようですから、設定契約書にサインをする時には、話を良く聞いて下さい。
【抵当権と根抵当権のちがい】
通常は、抵当権か根抵当権です。抵当権は、いつのいくらの借金(特定債権)を担保するための担保権です。例えば住宅ローンの場合がこれです。この場合は、完済すれば、抵当権は自動的に消滅します。後は抹消登記をするだけです。これに対して根抵当権は、極度額という借入枠の中で、何度も借入と返済をすることが予定されています(不特定債権)。例えば、事業用の運転・設備資金の場合がこれです。この場合は全額を返済としても根抵当権が自動的に消滅することはありません。借入がなくなり、今後はこの根抵当権を使って借入をしない事になれば、設定契約自体を解除する必要があります。そうすると抹消登記に入れます。
【担保権登記の抹消】
抵当権を完済した場合や根抵当権を解除した場合には、それぞれ抹消登記をします。
金融機関からは、抹消登記のために、原因証明情報・設定登記済証(登記識別情報通知)・資格証明書・委任状が提出されます。
@抹消登記の費用は、通常は債務者が負担しています。但し、先行してする金融機関の合併にかかる登記費用だけは、その金融機関が負担しています。
A借主側の問題としては、住所移転・氏名変更・相続がそれまでに発生していた場合には、それらの登記を先行させておかないと、担保権の抹消登記ができませんのでご注意下さい。


posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/10/15 11:13 | 東京 ☀ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳(相続)

相続が発生すると、土地・建物の名義変更をする事になります。相続人が誰であるかは、民法で決まっています。相続分の割合も民法で決まっていますが、遺産分割協議をすることで割合を変えることができます。
名義変更の手続は、法務局に登記申請書と添付書類を提出する方法で行います。司法書士に頼むと簡単ですが、ご自分で全部の手続をすることもできます。添付書類について、一般的なことをメモしてみます。
1.被相続人(亡くなった方)
@出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・原戸籍の全部(連続している事が必要です)
A除住民票(本籍地付)又は最後の戸籍の附票
2.相続人各人全員
@現在の戸籍謄本(夫婦親子関係が記載されている事)
A住民票(本籍地付)又は戸籍の附票
B遺産分割協議書(相続人全員の署名・実印)
C印鑑証明書
【メモ】
※ 被相続人の出生から死亡までの全部の戸籍謄本等を集める作業はなかなか大変です。被相続人の転籍や結婚等で、本籍が変わるたびに戸籍が変わるので、その都度、関係の役所に請求をしなくてはならないからです。
※ 戦争や震災で古い戸籍が役所に残っていない事もあります。その場合には、別に権利証や上申書が必要になることがあります。
※ 戸籍謄本や住民票・戸籍附票も、近年のコンピュータ化によって改正されています。改正原をとる必要が多くなっています。
※ 相続権を一切いらない場合には、家庭裁判所に「相続放棄」の手続をする必要があります。この場合には相続人でなくなります。
※ 役所で「住民票を下さい」とだけ言うと、本籍地を省略した住民票が出てきます。必ず「本籍地付の住民票を下さい」と言ってください。
posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/10/08 10:18 | 東京 ☔ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記帳(会社)

平成18年5月1日から会社法が施行されているので、会社関係の法律が昔とは少し変わっています。少しですが、お問い合わせの多い事をメモしてみます。
@ 有限会社制度がなくなりました。
@.そのため、今からでは「有限会社」を設立する事ができません。
A.昔からある有限会社は、株式会社になりました。とはいえ、商号を変えることなく「有限会社**」のママで存続していますからご安心下さい。
B.昔からの有限会社を「株式会社**」に商号変更することもできます。
A 株式会社の設立が簡単になりました。
@.取締役は1人で足ります。
A.監査役を設けないことが可能です。
B.資本金は1円からでも大丈夫です。
B 株式会社なのに株券を発行しないと決める事ができます。
※定款の話
 会社の「定款」を見せて下さいとお願いすると、「定款」の保管場所がわからないという会社さんが稀にいらっしゃいます。毎日使うものではありませんが、会社の根本規則ですから、この機会に探して、定款の内容を再確認してみて下さい。もしかしたら、少し変更をするのも良いかもしれません。
posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/10/02 18:08 | 東京 ☔ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする