主催:四谷一店逸品研究会 (click here!)

雑記帳(遺産分割)

相続財産を法定の割合ではなく(法定の割合は、例えば妻と子供2人なら、妻は2分の1、子供は各4分の1)、相続人達の合意した割合で分ける事を遺産分割といいます。遺産分割は相続人全員が集まって、相続財産の具体的な分け方を決めて、それを書類にして、全員で署名押印をします。通常は、実印を押して、印鑑証明書を添付します。

【遺産分割の方法】
分割の仕方には次の3種類があります。
1.現物分割
相続財産の現物を相続人の各々が貰う方法です。A地の土地は甲が、B地の家は乙が、というわけ方です。例えば、自宅は奥さんの生活の本拠地だから奥さんが貰い、独立した子供達には、軽井沢のリゾ−トマンションを長女が貰い、麹町の事務所マンションを長男が貰う、という具合です。
2.換価分割
相続財産を全部お金に換えてお金で分け合う方法です。例えば、相続人が既に独立した長女と長男だけで、相続財産が遠方の土地だけだったような場合、これを共有名義で相続しても利用することが難しい。それなら、いっそのこと、相続財産は換金して、長女・長男が半分ずつの割合で分けようという具合です。
3.代償分割
ある一人の相続人だけが全部を相続します。その代わりに、相続した人は、相続しなかった人に相続分の割合に値する代償金(物でも)を与える方法です。例えば、由緒ある家業を長男が次いだのですが、相続財産は家業の事業性財産だけだった場合に、分割や換金すると家業が廃業に追い込まれてしまうので、長男が全部を相続して家業を継続し、その代わりに、長男から長女に代償金として1億円と別の土地を与える、というような具合です。

【債務の遺産分割】
相続というと、なんとなく、プラス財産をもらう事。遺産分割というと、プラス財産を分け合う事のイメージが強いと思うのですが、借金のようなマイナス財産(以下、債務といいます)も相続財産になります。そこで、債務も遺産分割協議で、誰か一人が払うことにできるのでしょうか。もしも、債務も遺産分割協議(相続人だけの話し合い)で誰か一人に相続させられるとしたなら、最も資力のない相続人1人に全部の債務を押し付けてしまい、プラス財産は他の相続人で分け合うことができることになってしまいます。これを認めてしまうと、債権者の債権回収は事実上不可能になってしまいます。債権者にとっては、相続さえ発生しなければ、そのプラス財産から債権回収が図れたはずなのです。そこで、債務の相続には債権者の同意が必要だと説明がされています。
実務的には、先ず、債務は相続人全員で法定相続分の割合において相続されたものとして処理し、次に、債権者と相続人全員とで免責的債務引受契約を締結して特定人が債務を承継した形に持っていくことが多いようです。例えば、プラス財産が家業の業務用不動産だけで、長男が家業を継いだ場合、長女と次男は何も貰わない代わりに、事業用に借りた借金も長男だけが相続するということで分割協議が整ったとします。この場合には、債務は先ず3人に相続されて、次に債権者と3人が免責的債務引契約をして、それによって長男だけが債務者になります。何もプラス財産を承継しない長女と次男にとっては、自分達も債務者として名前がでてくるのが、チョット違和感があるかもしれませんね。

posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/11/06 18:02 | 東京 ☀ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする