主催:四谷一店逸品研究会 (click here!)

雑記帳(遺言)

「ナニ!遺言だぁ?俺ぁ、まだピンピンしてんでぇ。縁起でもねぇ事言うんじゃねぇよ!」なんて、お叱りの声が聞こえてきそうですけど、すみません、そういう方も、半分だけで結構ですから・・片目だけで読んで下さい。
 人が亡くなると、相続が発生します。相続人と相続割合は民法に定められています。定められてはいますが、亡くなった後に、相続人は、相続人間で自由に相続財産を分け合う事ができます。これを遺産分割と言います。
「なんだよ、俺のもんを勝手に分けやがって、俺の気持ちはどうなんだよ。若けぇ頃に世話になった親方のお孫さんにも、少しはわけてやりてぇんだよ。」そうですね。そういう方こそ遺言を考えて戴きたいのです。呆けちゃったら遺言はできません。元気で判断もしっかりしているうちに、遺言で、財産処分の方法を決めておく事も、トラブルを残さない良い方法の一つだと言えます。遺言について予告編だけですが、サラッとお話しましょう。
【遺言の種類】
難しい事も話せるのですが(ホントかな?(笑))、能あるナントカはナンタラで・・・。今回は、普通に使う方式の@自筆証書遺言、A公正証書遺言についてお話します。ちなみに、「遺言」は「ゆいごん」または「いごん」と読みます。
両者の大きな違いは、@の場合は、全部自分で作成するので、他人に秘密にできる利点があるけれど、遺言書を開けてみたら法律上の要件不足で無効だったという危険性があります。それに比べて、Aの場合は、公証人が本人の希望を法律的に表現して作成してくれるので、無効になることは極めて少ないということです。その他、多くの違いはありますが、私の仕事的には、公正証書遺言を提出されると安心しますね。
【こんな方は遺言を考えてみたらどうでしょう 例】
1.相続人が1人もいない場合
   特別縁故者がいないと国庫に引き継がれてしまいます。
2.内縁の配偶者がいる場合
   内縁の配偶者には相続権がないので、相続制度では財産を遺せません。
3.亡長男の両親を同居して世話している亡長男の妻の場合
   両親が亡くなると、長男の嫁には相続されません。長男の嫁の住まい等生活基盤がなくなります。
4.子供がいない場合の夫婦で唯一の財産が現在住んでいる家だけの場合
   ご主人が亡くなると、妻とご主人の両親又は兄弟が共有者になってしまいます。
5.相続人の中に行方不明者がいる場合
   遺産分割協議ができなくなります。
6.家業を継いでくれる長男に事業用財産を相続させたい場合
   家業を継がない相続人が換金を主張すると、廃業になってしまいます。
7.先妻との間の子供が成人して独立した後に迎えた後妻がいる場合
   子供と後妻との間には面識がないことが多く、分割協議が成立しにくい。
8.別居中で事実上の離婚状態の配偶者がいる場合
   たとえ仲が悪くても法律上の配偶者であれば半分の相続権があります。
   (以上、「遺言執行の実務:遺言執行実務研究会編」を参照)
【閑話休題】
例えば、長年苦労をともにした奥様へ、感謝の気持ちで、今のうちから多めに遺す遺言書を作るとします。これを公正証書遺言で作ると、作成したその日に奥様に遺言書を見せる事ができるので、口下手のご主人でも気持ちが伝えられ、奥様も大喜び。その日の晩酌が1本増えること、期待できます。自筆証書遺言では奥様が喜ぶ時にはご主人は亡くなっているので晩酌はありません。
【遺言の撤回】
勿論、遺言書を書いた後に思い直すこともあります。その場合、遺言の撤回は自由です。何回でも撤回して何回でも書き換えることができます。但し、遺言の方式で行います。同じ方式でなくても、例えば、公正証書遺言だったのを自筆証書遺言で、またはその逆でも可能です。撤回せずに、書き換えた時に、前の遺言と内容が矛盾した場合には、後の遺言で前の遺言を撤回したとみなされます。但し、抵触しない部分は有効に残ります。

サラット、遺言について予告編をお話しました。本編はいずれ。
posted by 梅本司法書士事務所 at 2009/10/29 19:34 | 東京 ☀ | 梅本司法書士事務所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする